企業の採用担当者は何を見て採用・不採用を判断しているのか。そのポイントが分かれば面接に臨む際の事前準備がしっかり出来ます。採用率を上げるために面接時の重要なポイントをしっかり理解してください。

面接で採用されるために頑張る女性たち

設備工事の採用状況と客から寄せられる不満

設備工事関係の採用に関しては、例えばインターネット回線の設備工事に関連するもの、など色々なタイプの工事があります。

最近では、やはりインターネットが各家庭にも普及をしており、同時に、おおよそ1人はスマートフォンまたはガラケーなどを持っていることが多いことから、それに付随をして、インターネット回線を使っている携帯会社さんのものに乗り換える、という方もおられます。

ただ、このような設備工事に関しては、「設備工事してまではめんどくさい」「面倒な手続きならやりたくない」といったお客様の不満の声が大きく、携帯会社の方で、「安くなりますので、ぜひ、設備工事を」とお願いしても、なかなか良い返事がもらえないことが現実です。

そこで、このような設備工事に関係するスタッフさんの採用にかんしては、「会話の力が上手な人」「工事を行うことによって、どれだけのメリットなどがあり、またそれらをしっかりとお客様に説明できるか」といった社交術の長けた人が、採用されるケースが多い、とされています。

これは一部営業にもつながるものですが、そもそも、このような設備工事などの関係では、工事内容が複雑な面も多々あり、営業だけの力ではどうにもなりません。

深い知識なども必要になってくるため、それらの知識を持っている方ほど、採用されやすい、ともされています。
また、お客様は基本的にこのような面倒な工事などが、苦手であるため、かなり「メリット」をお伝えしなければ不満ばかりの気持ちになってしまうことも確かです。

そのため、このような設備工事を行うにあたっては、しっかりとお客様に礼儀作法を尽くすこと、また、お客様のためにこのような工事にはこのようなメリットがありますよ、ということをしっかりとお伝えすることが重要である、とされています。