企業の採用担当者は何を見て採用・不採用を判断しているのか。そのポイントが分かれば面接に臨む際の事前準備がしっかり出来ます。採用率を上げるために面接時の重要なポイントをしっかり理解してください。

面接で採用されるために頑張る女性たち

採用試験は私服?デザインなども配慮すべき?

公務員試験などの採用試験を受けるときの服装について、公務員を受けようと思っている方は特に関心のあるテーマなのではないでしょうか。一人だけ場違いな恰好で要って浮いたりするのはできたら避けたいと思いますよね。そんな方のために、今回は公務員試験の服装についてご提案します。公務員と一口に言っても、警察なのか事務なのか、教職なのかによって変わってきます。また、筆記試験なのか面接試験なのかによっても変わります。
まず、一般的な公務員試験についてです。一番スタンダードなのは筆記試験が私服、面接試験がスーツという恰好です。市町村でも都道府県でも筆記試験では私服の人がほとんどで、三分の一くらいでスーツの人もいます。ただし、指定されている場合はその服装を、警察官の試験では筆記試験でもスーツを着るのが基本なのでそこはあえて自己流で行くと完全に一人だけ浮いてしまって試験に集中できなくなる可能性があるので注意しましょう。
次に、教員などの教職公務員の試験についてです。これは筆記試験と面接試験の日程が別であることが多いですが、どちらもスーツが基本です。まれに私服で来る人もいると聞きますが、完全に浮くのでスーツを着ましょう。
最後に、私服の場合はできるだけシンプルで露出の少ないデザインのものを選びましょう。たまにミニスカートやハーフパンツなどラフな格好で来る人もいますが、周りはだいたい白や黒、灰色などを身に付けている人が多いので場違い感があったりします。また、スーツの場合は中のシャツはボタンを首元まできっちりしめることができ、白色のシンプルなデザインが基本です。もしかしたら薄いピンク色など色付きのものやフリルがついたものしか持っていないという人もいるかもしれませんが、採用試験とは就職活動の一環でもあるので、場に合ったものを用意したほうが無難といえますね。