企業の採用担当者は何を見て採用・不採用を判断しているのか。そのポイントが分かれば面接に臨む際の事前準備がしっかり出来ます。採用率を上げるために面接時の重要なポイントをしっかり理解してください。

面接で採用されるために頑張る女性たち

マネージャー採用で海外に行く場合の心得

今や日本の終身雇用制度は崩壊し、転職するのが当たり前の世の中になりつつあります。中には海外で働くことを夢見て転職エージェンシーの扉を叩く人も少なくはないでしょう。しかし、運よく希望通りマネージャー採用で海外に赴任することになったとしても、喜んでばかりはいられません。海外と日本では言葉が違うのは当たり前ですが、それ以上に文化の違いで現地のスタッフとすれ違ってしまう場合があるからです。マネージャーは現地スタッフを管理しなければなりません。それと同時に日本とのやり取りの仲介もしなければなりません。仕事をスムーズに進めるためには、日本の常識ばかりを押し付けては現地スタッフに受け入れられませんし、反対に現地のやり方ばかりを主張しては、日本の速いリズムについて行けず、顧客からクレームが出てしまう可能性があります。現地スタッフのプライドを傷つけることなく、日本の状況を伝え、日本の顧客には、海外ではすべてが日本のように正確にすばやく回るわけではないという事情をどう理解してもらうか、ここが海外マネージャーとして採用された者の腕の見せ所です。そのためにはなるべく早いうちに赴任先の言語をマスターし、まずは自分自身が赴任先の文化を理解し、日常生活に慣れることが重要です。もしも赴任先が英語圏でなければ、是非現地の言葉を学びましょう。挨拶などの簡単な言葉からでも構いません。現地スタッフに会ったら、笑顔でその国の言葉で挨拶をすることです。マネージャーからそうやって気さくに挨拶することによって、現地スタッフの警戒心みたいなものも少しずつ溶けていくに違いありません。日本人の考え方や文化を理解してもらい、業務を滞りなく進めさせたければ、まず相手を理解することから始めることです。