面接で採用されるためのポイント

企業の採用担当者は何を見て採用・不採用を判断しているのか。そのポイントが分かれば面接に臨む際の事前準備がしっかり出来ます。採用率を上げるために面接時の重要なポイントをしっかり理解してください。

面接で採用されるために頑張る女性たち

採用されやすい、面接時の受け答え方法

景気回復の実感も無いままですと正社員の求人も少なく、契約社員や派遣社員でなら働き口を見つける事も出来ますが、正社員ともなると希望する様な仕事に就く事は難しい時期です。
しかし企業側としても人手不足なのは確実なので、なるべく経費の掛からない派遣や契約社員を求めがちですが、本当に必要なら正社員も募集しています。
数少ない正社員募集の求人と、応募する側の希望する仕事がマッチングすれば、全力で採用されるように頑張らないといけません。
まずは履歴書を丁寧に綺麗な文字で書く事から始まり、面接の段取りまで決まったら清潔感のある格好で臨むのは基本中の基本です。
採用されやすい面接の受け答え方法ですが、まずは語尾を伸ばす様な受け答えはNGで、今時の若者が話す様な感じでは印象が悪くなるだけです。
てきぱきとメリハリのある受け答えを意識するなど、話し方の注意点は中々普段の癖が出てしまいがちなので、転職や就職を意識し始めた時から考えておかないと緊張のあまり失敗する事もあります。
もう一つ大事なのが話題性で、最近の新聞記事やニュースなどはしっかりとチェックして、経済動向や社会情勢の質問になった時に、的確な意見が入れる様な知識が必要になります。
特に応募している企業情報は絶対に頭に入れておかないと、いい受け答えは出来ません。
例えば創業何年なのか、資本金や社員数に営業所や工場の数などは最低限把握しておきましょう。
こう言った事も踏まえて面接時の受け答え方法で一番大切なのは、面接官に誠意が伝わっているかと言う事です。
例えスムーズに話せなくても面接官の質問の意味をしっかりと理解して、求めている答えとは違っても一生懸命考えて丁寧な言葉で気持ちや考えを伝える事が何よりも大切なので、忘れずに面接を受けて下さい。

面接の際に採用担当者は何を重視しているのか

求人に応募すると必ず面接をすることになります。
逆に、面接もなく採用が決まる会社は、怪しさを感じてしまうのではないでしょうか。
それだけ、必要なことだということは誰もが理解していますが、どこを見て採用を決めているのかはとても気になります。
まずは、これから一緒に協力してやって行こうという人を決めるのですから、最低限の外見や服装、言葉遣い、性格、知識などが問題ないレベルか、そして信用できるかを見るのは当然です。
あなたが、これから誰かと協力して何かをやろうと決めたときに、誰とやるかを考えることと大きな違いはありません。
ただし、その場合、能力重視で見た目の髪型や服装、言葉遣いなどは気にしないと考える人もいるでしょうが、会社の場合、多くの人と接することになるので、それを不快に思う人がいれば会社の損失になります。
そのため、それらのことも重視します。
そして、1番重視しているのはその会社であなたがやっていけるかということです。
能力や実績、考えを聞いて採用をしようとしている職種、部署でどうなるかを考えています。
だから面接のときには、直接の上司となるような人も含まれている場合が多いです。
その人であればその職種に必要な能力や今いる部署、関係するであろう人間のこともわかっているので、その中に入ったときのことを推定できます。
採用を決定する権利を多く持っていると言えます。
どれだけ高学歴、前職での実績がすごい、資格を持っているといった優秀な人でも採用されず、だいぶ能力が劣っている人でも、そこにぴったり合うと思われれば採用されるということです。
だから、不採用になったとしても、会社はあなたの今後のことを考えて決断しているとも言えます。

採用に有利に働く資格を取ろう

大学3年生になるとそろそろ就職活動を始める準備をする必要がありますが、そうなると就職説明会や採用試験等で忙しくてそれ以外のことをする暇はあまりないです。
ですからそれまでに将来どのような仕事をしたいのか一定の方向性を定めて、そのためにはどうしたら良いのか真剣に考える必要があります。
企業の採用担当者はもちろんその人のことを知ろうと面接等で色々なことを細かく聞いてきますが、その場で他の人達よりも気の利いた素晴らしい発言をするのはなかなか難しいです。
その企業に入りたいと思っている人達もどうしたら採用してもらえるかを真剣に考えてそのための面接対策もしっかりとしてくるので、そこで差を広げるのは至難の業です。
そのためにも就職活動を始める前に、採用に有利となる資格を取得しておいた方が良いです。
そのような資格を取得していることによってライバルと差を広げることが出来ることもあるので、大学3年生までには出来るだけ資格を取得するようにした方が良いです。
どのような資格を取得すれば良いかは就職を希望する企業の業種によって違うので、その辺りは自分で考える必要があります。
経理の仕事をしたいのであれば簿記に強くなければならないので、簿記検定の資格を取得するのも良いですしそれよりも上を行く税理士や公認会計士の資格を取得するのも一つの方法です。
また不動産関係の仕事に就きたいのであれば宅地建物取引主任者やマンション管理士、管理業務主任者等のような資格を取得しておくと就職で有利に働くことがあります。
このようにどのような資格を取得すればその企業の採用試験で有利になるかをよく考えて、出来るだけ多くの資格を取得するようにした方が良いです。